バストアップと女性ホルモン

美しい胸は女性ホルモンが作る

バストアップと女性ホルモンの関係は深いです。

なぜなら、女性ホルモンであるエストロゲンの分泌を活性化させ増やしていくことが胸の乳腺を刺激してバストアップを成功に導くからです。

一般的に女性ホルモンは思春期に多く分泌され、成人するまでが一番多く分泌される時期と言われています。

言い換えるならこの時期にしか胸は大きくならないということです。

そのため、20代になる頃にはもう胸の成長を望むことはできません。

むしろ小さくならないようキープすることが必要になってきます。

しかし、逆に言えば女性ホルモンの分泌のピークを遅らせることさえできるのならいつまでもバストアップは期待できるということです。

これがバストアップをするときの狙い目です。

女性ホルモンとバストアップ

バストアップに関わる女性ホルモンの名前をエストロゲンと言います。

エストロゲンは女性ホルモンの一種で、排卵を促す、自律神経のバランスコントロール、骨密度の維持、血中のコレステロールを減らす、他のホルモンの動きを促すといった働きにも期待できますが、それ以上に胸・乳腺を発達させることに期待できることがバストアップに良いと言われる理由です。

乳腺を大きくするということは胸をただ大きくするということにとどまりません。

乳腺さえ鍛えていればしっかりとしたハリがあって、なおかつ揉みごたえのある胸にすることができるのです。

単に脂肪がつくだけでなく、胸を形作るのに一番重要な基礎となっているのが乳腺なので形が悪くなることはありませんし、歳をとっても垂れたり離れたりすることがありません。
つまり、垂れない胸を作ることができるということです。

乳腺を鍛えたい人にオススメのバストアップ方法はバストアップサプリを飲むことです。

なぜなら、バストアップサプリはエストロゲンを刺激する成分が多く含まれており、飲み続けることで乳腺を自然と鍛えられるからです。