豊胸手術で胸を大きくしよう

胸を大きくする美容手術

場色々あるバストアップ方法の中で一番有名なのは何かご存知でしょうか。

日本だけでなく世界中でもっとも有名なバストアップ方法、それは豊胸手術です。

豊胸手術は美容形成手術の一種でバストアップマッサージの次に歴史が長いバストアップ方法です。

豊胸手術と一言で言ってもその施術内容は数多くあり、その施術内容によって仕上がりやスピード、料金が大きく変わってきます。

一番認知度が高い豊胸手術の方法と言えばやはり「胸にシリコンをいれること」ではないでしょうか。

しかし、豊胸手術はもっと色々な方法があるので、自分にとってちょうど良い方法を見つけて実践しましょう。

豊胸手術は認知度が高い方法ということ以外にも特徴があるので、それらをまとめて紹介します。

  • 手術方法に関係なくある程度のまとまったお金が必要
  • 即日でバストアップが完了する手術もある
  • 自分の理想のバストサイズを手に入れることができる
  • 胸に傷跡がつくことがある
  • 痛みがある場合がある

豊胸手術にはこのような特徴があります。

胸を大きくする効果が高く、自分の思うがままの胸を手に入れることができる分、それ相応のリスクがある方法です。

3つの豊胸手術

豊胸手術の方法は色々とありますが大きく3つに分けることができます。

自分に合った方法をこの中から選ぶことが大事ですが、その際には口コミなども参考にするようにしましょう。

バックプロテーゼ挿入
シリコンジェルや生理食塩水を胸に挿入する方法で、一番メジャーな豊胸手術方法です。
胸を思った通りの形や大きさにすることができ、効果も半永久的なことが特徴的です。
脂肪注入
おしりや太もものような脂肪の多い部位から脂肪を吸引し、胸に注入する方法です。
ある程度任意の大きさや形にすることができ、元々自分の体の部位なのですぐに体に馴染みますが、数年経過したら体内に吸収されてしまいます。
話題のコンデンスリッチ法も脂肪注入の派生です。
ヒアルロン酸注入
顔のプチ整形に使われるヒアルロン酸を使った豊胸手術方法で、主流となりつつある方法です。
お手軽かつ安価ですが、少ししかバストアップできず、また1~2年で体内に吸収されるという特徴もあります。